清水病院(坂戸)

清水病院
川越近郊で「子供も立ち会える」産院

私は第1子を川越の「愛和病院」で、第2子をこちら「清水病院」で出産しました。
分娩時に子供も一緒に立ち会える産院だからです。

里帰りをしなかったので預ける先がなかったのです。ですので、2歳児も分娩室に入りましたよ。
子供がどう思ったかは分かりませんけどね…。泣くことはなく、じーっと見てました。

豪華さや派手さはないですが、温かみのあるお産ができて満足しています。

2015年10月から完全予約制となり、緊急以外の診察には電話やインターネットなどで事前予約が必要になりました。

清水病院

清水病院

「働く人」の気持ちが分かる、口調も手技も優しい先生

院長は一般企業を経てから医師を継いだとのことで、仕事をしているママの気持ちも理解してくれます。
お仕事の内容からどう過ごせばいいか、アドバイスもしてくれます。
見た目も若い(主観)。
口コミサイトを見るとどの方も「優しい口調」「穏やか」と書き込むくらいです。
身体ごとママの方を向けて、ゆっくりと話してくれます。
ただチェックするところは厳しく、特に妊婦さんの体重について問題があると静かながら
「これでは赤ちゃんが大変になるよ」と笑顔で注意する先生。

分娩費用
(ご参考)平日早朝出産の場合

2015年8月の出産の費用をご報告しておきますね。
平日深夜入院、促進剤なし、
翌平日早朝出産で会陰縫合あり。
入院中は母子同室の3人床、
新生児聴覚検査追加、
子宮収縮と痛み止めの薬を処方された私の入院費用はこちらでした。

加入している健保から直接支払いされる出産手当金42万円に、入院予約金の1万円、それに追加して5万7千円の持ち出しでした。
トータル48万5千円というところでしょうか。

陣痛の入院期間や赤ちゃんの処置、
投薬によっても変わりますのであくまでご参考に。。。

おすすめポイント
「痛くない!」

先生(特に院長)の診察だと、検査の時の器具挿入などの痛みが少ないんです。
訳あって近隣産婦人科は何件も巡り、内診を受けましたが…一番痛くない! と言い切れます。同じ処置なのに不思議です。

4Dは無料

ただし毎回ではなく、赤ちゃんの顔が良く写りそうなタイミングで先生が見せてくれます。

分娩立ち会いは、旦那さま以外も可能

お子様も立ち会えます。私は夫と二歳児の目の前で出産しました。
早朝出産で預け先がなかったので、本当に助かりました。

分娩の妨げにならない人数なら、複数人一緒に入ることができるそうです。
ただ、助産師外来などで前もって相談しておいて下さいね。

清水病院分娩室

清水病院分娩室

 

女医さんもいる

一時休診していましたが、新しい女性の先生が診て下さる曜日があります。

予定日まで内診がない

妊娠初期以降、内診はありません。
お産を早めたい方、張りが強い方などが希望すれば予定日前でも内診してくれます。

駅の目の前で、電車で来ると便利

お見舞いに来る方にも説明しやすい立地にあります。

診察時、上の子をみてくれる

どうしても預け先がない場合、お子さん連れでいらっしゃる方もいます。
診察室に一緒に入ることは出来ないので、看護師さんに声を掛けておくと、
診察の時間だけ抱っこしたり手を繋いだりして見て下さいます。

「午後」出産なら1泊多く入院できる

午前に出産した時と、午後に出産した時で入院日数が変わります。
お昼を過ぎた時点で、同日の午前に出産した方より1日多く入院することになります。
ゆっくり身体を回復できますね。

無料の「母親学級」「ヨガ」「フラ」がある

このあたりで「マタニティフラダンス」を受講できるのはここしかありません。
初心者・ダンス未経験者のママさんばかりなので、安心して参加できましたよ。

健診時にもらえるカードが嬉しい

ママと赤ちゃんの体重はもちろん、お腹の赤ちゃんが今どうなっているか、
たとえば今逆子になっているなら、イラストも逆子になっているはがきサイズのカードを毎回くれます!

お祝いランチはフレンチ!

鶴ヶ島市内のフレンチレストランから、お祝いランチの提供があります。
スープ、パン、前菜、デザートもつくフルコースです。
入院中1回、出産日が近いママさんたちとランチルームで頂きます。

退院後はしばらくこんな豪華なお料理をいただく機会がないと思うので、嬉しいですね。

入院中の食事は、夜のデザートや夜食も美味しかったです。

産声を録音してくれる

分娩直後の、赤ちゃんの声ってやっぱり残したいですよね。
清水病院では、生まれてすぐ、赤ちゃんの身支度を進めながら「声」を録音してくれます。
この「声」は音声つきカードにしてすぐに渡してくれますよ!

母子同室選べますが、完全同室ではない

夜などお母さんが休みたいときは赤ちゃんを新生児室に預ける「半同室」も可能です。


三人床・母子同室病室のギャラリーです。荷物が散乱していて申し訳ない。

 

気になるポイント
施設の古さ、狭さ

きれいに清掃されていますが、「キレイ」で「豪華」な産科が人気な現状だとどうしても古さは感じてしまいます。
必要にして最小限、健診やお産には十分な設備がありますが、
例えば川越の愛和病院のようなきらびやかさが欲しい方には不満に感じると思います。

清水病院和室

清水病院和室

(写真は最上階の和室です。ここで母親学級や、マタニティフラ、ヨガを受講します)

食事が質素

退院後どのような食事をとれば良いかの参考になるようなメニューではあるのですが、
華美さはありません。
ここは好みが別れるところだと思いますが、
「出産という大仕事をした後の数日くらい、豪華な食事をとりたい」と思う方には物足りないです。
午後のおやつもありません。

駐車場

病院前の駐車場は台数が限られていて、朝一以外の時間には駐車できないことがあります。
駅方面から進入するのは狭く、ミニバン以上の車はサンロードの有料駐車場に駐車するのをおすすめします。
※よさこい祭の期間などはタイムズが使えなくなるので、臨時駐車場がどこになるか病院に確認して下さい。

清水病院駐車場

清水病院駐車場

院長診察の時は、分娩で診察が中断することがある

日中妊婦健診を予約していても、分娩が入ると診察を中断し、医師が分娩にかかりきりになります。
普段は完全予約なので待ち時間が少ないのですが、分娩は予期せぬタイミングのものなので、
予約時間通りの診察にならず待つことになります。

緊急性のある場合は多少考慮して貰えるのでしょうが、
先生がすでに分娩対応に入っている時(それが縫合や緊急帝王切開になってしまっていて)、
出血など急遽診察をしてもらう必要がある! というケースは医師の即時対応は難しいかもしれません。

分娩の時間帯によっては追加料金が発生する

夜間・休日出産の場合は、分娩費用42万円に「深夜休日」分が上乗せされます
詳しくは受付の方に
夕飯が出ないこともあります。

「母子同室」でない場合、ママ以外は赤ちゃんを抱っこできない

母子同室の場合はマスクを購入し装着してもらうことで、赤ちゃんに直接会えますが、
母子同室でない赤ちゃんは新生児室・授乳室を出られません。
その場合、パパを含めお見舞いに来てくれた方は、新生児室の外からガラス越しに赤ちゃんと対面することになります。

清水病院新生児室

清水病院新生児室

夜間や、授乳時間などはカーテンが閉められ、ガラス越しの対面もできません。

夜間・休日分娩は当直の先生になることも

とはいえ夜間・休日まで院長先生が全部対応したら、先生いつ休むのでしょう。
疲労から医療ミスが発生することを考えれば、必ずしも院長先生でなくとも、安全に分娩できることが第一ですよね。

クレジットカードの取扱いがない

カード払いができる病院が増えましたし、分娩費用は高額なのでカードで支払えれば便利ですが、
清水病院ではクレジットカードは使えません。
健診時も同様です。
退院日が日曜になる場合は土曜日午前中の精算になるので、入院したら早めに、家族に現金を用意してもらいましょう。
退院日が決まれば、医療費の概算を教えてもらえます。

病院の「説明会」はない

聞けば親切に教えてくれますが、病院を紹介してくれるようなオリエンテーションや説明会はないので、
「放置されている」と感じる方も。
人によるのかもしれませんが、初産の方は妊娠・出産に関わることすべてが分からないことで、
それにどう病院がサポートしてくれているのかは未知の領域。
経産婦さんであっても、他院で出産された方は他院であったサービスを清水病院で受けるにはどうしたらいいのかが分からず、
不安になる方もいるようです。

あらかじめ病院で「院内案内日」を設定したり、「健診から出産まで」なんかをレクチャーしてくれる産院もありますが、
清水病院ではそれはないです。『母親学級』の設定がありますが、基本的にはお産についてのレクチャーです。
疑問に思うことがあったら、電話でも健診の時でも、直接ご確認された方が良いですよ。
もちろんいやな顔せず、ちゃんと説明して下さいます。
希望すれば、病室や分娩室(空いていれば)の見学までさせてくれます。不安は必ず解消できるので、ぜひ声をかけてみては。

20171106追加情報

Mmさま、コメントありがとうございます!

———-——

2017年10月に清水病院で出産しました。私の場合、決め手は、近いこと!でしたが。予定日前に自宅で破水しちゃったので、おろおろしがちな初産夫婦には正しい選択だったと思います。
また、入院エリアがリニューアルされたのか、記事の院内写真とは異なりとてもきれいでした。いまも外観や外来の一階が古さを感じさせますが、二階以上は豪華さはないもののとてもきれいです。入院中に一回、アロマフットマッサージもありました。パンフレットの入院時の持ち物に、授乳パジャマやシャンプー等の記載があったかと思いますが、それらは提供されましたので不要でした。
また、新たに、二週間健診もできたようです。

施設詳細
医療法人社団 マウナケア会 清水病院

〒350-0225 埼玉県坂戸市日の出町 1-8
東武東上線「坂戸」駅 北口より徒歩1分
049-281-0158

http://www.shimizu-hospital.com/

※オンライン予約可能
※妊娠初診は、予約なしで直接来院下さい

【駐車場】
病院前に8台ほど(軽専用、医師専用ありなので、普通車は3台程度)
サンロード内タイムズに契約駐車場あり

埼玉県坂戸市日の出町 1-8

関連記事

コメント

    • 荒川さくら
    • 2016年 2月 15日

    初めまして!突然のコメント失礼致します。愛和病院のほうが若干近く、またお部屋の綺麗さにも惹かれてしまい清水病院から転院したものです。。しかし愛和病院のお医者様に中々信頼ができず、清水先生と比べてしまい、不安になってしまってます。良かったら、愛和病院の情報も教えていただけたら嬉しいです!

      • admin
      • 2016年 2月 15日

      荒川さくらさま。初めまして、コメントありがとうございます!
      どうしても綺麗さ、産後のサービスで言ったら愛和さんの方が惹かれますよね。
      なかなか更新できず、少しお時間いただきますが、次回は愛和病院についての記事を書きたいと思いますのでお待ち下さい。
      お役に立てれば嬉しいです。

      • admin
      • 2016年 4月 26日

      さくらさん、きっともう産院を決めてしまったタイミングと思うのですが、愛和病院の記事を追加しました。
      http://xn--5rt2c015o.net/?p=606
      遅くなってしまい申し訳ありません。
      ご参考になれば嬉しいです。

    • ゆうとママ
    • 2016年 3月 26日

    ちょうど知りたかった情報が~!まだまだ初期で不安な時期なのですが、私も第2子は里帰りせず、親も働いているのもあって、子連れで分娩室に行けるとこを探してました。
    坂戸は、小川さんと清水さんが人気のようですが、清水さんに決めた決め手など教えていただけますか?お時間がある時で構いませんお願いします。

      • admin
      • 2016年 3月 26日

      ゆうとママさま。いつもありがとうございます!
      お役に立てたようで、コメント光栄です♪
      私が清水さんで分娩した決め手は二つあって、
      院長が毎回真摯に不安を解消してくれたこと、子供も立ち会って分娩できることです。
      上の子が、分娩室の外で一人待てる年齢だったら、小川さんも検討できたのですが…出産時2歳になったばかり。どうしても立ち会いたい夫と、放置できない上の子、どちらにも良いのは、二人とも分娩室に入室できることでした。

      ゆうとママさんも里帰りなし、働く祖母さんとのことてきっとご夫婦で上の子をどうしようと悩まれてるところとお察しします。
      少しでも良いお産ができますように!
      (そしてもし良かったら、産院の追加レポート送って下さいね!)

        • ゆうとママ
        • 2016年 3月 26日

        早速のお返事ありがとうございます!
        小川さんは子供は立ち会い出来ないんですね。知らなかった。ほんとにありがとうございます。
        我が家も多分待てない2歳児…(産まれる頃には3歳児ですが)と、立ち会いしたい夫です。
        これは我が家も清水さんにしようかしらとがっつり心が決まりました( °ᵕ°❤︎ )

        行ってみて、無事産まれたらレポート送りますね。
        ほんとにこのブログ助かってます。

          • admin
          • 2016年 3月 26日

          こちらこそ、更新が遅いにも関わらずいつもいらして下さり、励みになります!
          レポートお待ちしてますね!
          その前に…3人家族の時間、ゆっくりお過ごし下さいね!

    • Mm
    • 2017年 11月 06日

    2017年10月に清水病院で出産しました。私の場合、決め手は、近いこと!でしたが。予定日前に自宅で破水しちゃったので、おろおろしがちな初産夫婦には正しい選択だったと思います。
    また、入院エリアがリニューアルされたのか、記事の院内写真とは異なりとてもきれいでした。いまも外観や外来の一階が古さを感じさせますが、二階以上は豪華さはないもののとてもきれいです。入院中に一回、アロマフットマッサージもありました。パンフレットの入院時の持ち物に、授乳パジャマやシャンプー等の記載があったかと思いますが、それらは提供されましたので不要でした。
    また、新たに、二週間健診もできたようです。

    • 日高ママ
    • 2018年 3月 26日

    日高市在住です。
    1人目を坂戸の小川産婦人科で出産しました。
    院内設備がきれいで、予約もし易く、サービス豊富、料理充実していて美味しい…で選びました。ただ、上記のことは母乳育児のためにはあまり好ましかなかった事を後で知り、できる限り母子同室、出産直後から母乳育児をちゃんと推進している産院を選びたいと思っています。
    設備がきれいとか、ケーキ、お祝い膳が出る、とかエステのサービスがある、赤ちゃんを預かって休ませてくれる…より 母乳育児を考えた 脂質過多にならない栄養バランスの摂れた食事、可能な限りの母子同室、を行なっている赤ちゃんに優しい産院を探しています。
    近郊だとこちらの記事の清水病院かな?と思うのですが …どうでしょうか。

      • admin
      • 2018年 4月 17日

      日高ママさん、お返事遅くなり申し訳ありません。小川さんで出産されたのですね!ぜひそのお話もあとで聞かせてください。
      母乳育児については、ネット上・地域サロン・桶谷…などいろんな尺度や情報があって知れば知るほど不安になりますよね。
      それぞれどのスタンスをお選びになるか、なのだと思いますが、
      劣悪な食事環境(途上国など)と、先進国のお母さんの母乳成分に違いはなかったというエビデンスがありますのでそれほどストイックにならなくて良いのかな、というのが私の立場です(一番初めの子の時はストイックになりすぎて、産後うつになりダメでした…)。
      それよりも、出産を「記念」として捉えるか「産後の生活の手前」として捉えるかで産院選びができると思います。
      前者は小川さんですね。清水さんは後者で、お食事など、退院後の家庭で再現可能なものが多いので参考になります。
      (小川さん・愛和さんを選ぶと家に帰ってからのギャップがすごいかも。そういう意味では、清水さんの方が退院後、赤ちゃんのいる生活にスムーズに移行できる気はします)
      お役に立てれば嬉しいです。

  1. 2015年 10月 16日
    トラックバック:小川産婦人科小児科(坂戸)
  2. 2016年 4月 26日

近隣イベントカレンダー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る